ハミルトン サヨナラ弾に「ここ数日は起伏に満ちている」

[ 2011年7月10日 17:55 ]

9回裏、逆転サヨナラ2ランを放つハミルトン

ア・リーグ レンジャズ7ー6アスレチックス

(7月9日 アーリントン)
 レンジャーズは9回にハミルトンが逆転サヨナラ2ランを放ち、連勝を6に伸ばした。

 その主砲が7日にファンサービスとしてボールを観客席に投げ入れたのが、男性ファンの転落死につながった。遺族への哀悼をあらためて口にした30歳は「ここ数日は起伏に満ちている。このような機会を得られて幸せ」と話した。

 登板機会がなかった建山義紀投手は、ひどく落胆していたという同僚に殊勲打が出たことを「チームとしては良かった」。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月10日のニュース