大事なところで…マー君6回5失点で完敗

[ 2009年9月26日 06:00 ]

<西・楽>4回に2発目の2ランを浴び、ベンチで頭を抱える田中将大

 【楽天1―7西武】楽天・田中が2発に沈み、3位争い直接対決初戦で完敗。6回5失点で5敗目の田中は悔しさを押し殺して淡々と振り返った。

 「本塁打2本とも投げるところに投げられていない。ああいう結果になったのは仕方ない」。初回、中村には2―0から外角に外すつもりの直球が甘く入って先制2ランを浴びた。4回はG・G・佐藤に高めに抜けたスライダーで中越え2ランされた。この2発目まで西武打線は18ストライク中、見逃しは4球のみ。「ストライクゾーンを少し外れても打ちに来ている感じはした」と田中。西武に2ゲーム差とされた野村監督は「酔っぱらいそうだ。毎日、完敗で。きょうの負けは痛い。マー君が大事なところで…」とガックリ。試合前の「きょうがすべて。144分の1じゃない」という言葉がズッシリと重く響いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース