摂津つかまり杉内の16勝目は消える

[ 2009年9月26日 22:22 ]

 【ソフトバンク-日本ハム】ソフトバンクの杉内はリーグ単独トップとなる16勝目を狙っての登板だった。8回途中で勝ち投手の権利を得て降板したが、19試合連続無失点だった摂津が9回につかまって白星が消えた。三振は八つで、野茂(当時近鉄)に並ぶプロ野球記録の6試合連続2けた三振も達成できなかった。

 それでも「先発が試合をつくらないと。気負わずにやれたらいい」と話していた通りに7回2/3を2失点。前回の西武戦は6失点したが、大事な一戦でエースの存在感を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース