ヤクルト4連勝で3位浮上!

[ 2009年9月26日 20:52 ]

4連勝で3位に浮上し、笑顔でタッチを交わす青木(左から2人目)らヤクルトナイン

 【ヤクルト5-4横浜】ヤクルトは9回に1点差まで迫られながら、辛うじて逃げ切った。デーゲームで敗れた阪神を抜き、12日以来の3位に返り咲いた。その中心にいたのは、4年目の村中。昨年7月以来の白星でチームを4連勝に導いた。

 制球に苦しむかつての姿はなかった。昨夏に左ひじを故障し、復活を期した今季。キャンプを2軍で過ごし、ようやく1軍に復帰した7月は「抑えようと気持ちばかり焦っていた」。投げても好結果につながらないマウンドが続いた。

 この夜は無心だった。カーブでカウントを稼ぎ、速球は最速150キロ。6回に1点を返され、九回には内川に2ランを浴びたが、完投目前までこぎ着けた。8月27日の広島戦で二回を持たずKOされた左腕は、そこから「制球とか気にしなくなって、吹っ切れた」。がむしゃらに投げ続けることを心に決めていた。

 高田監督の大きな期待にもかかわらず、先発陣の中で誤算だったのが村中。待ちに待った好投に「やっと出てきてくれた」と相好を崩した。大事なシーズン終盤、頼もしい戦力が戻ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース