Rソックス痛い!レスターが負傷退場

[ 2009年9月26日 13:18 ]

 【レッドソックス5―9ヤンキース】レッドソックスは先発レスターのアクシデントが響いた。3回1死満塁でヤンキースのカブレラの打球が右ひざ内側を直撃。顔をゆがめて倒れ込み、肩を支えられて退場した。

 エックス線検査で骨に異常はなく、打撲の診断。試合後は「痛かったが、検査では問題なかったし、大丈夫」と話した。
 この日地元メディアは、プレーオフ出場が決まった場合、レスターが第1戦で先発すると報じたばかり。宿敵ヤンキースに敗れただけでなく、ポストシーズンに向けても不安の残る結果となった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース