日本ハム「やけくそ」8投手使い切った

[ 2009年9月26日 06:00 ]

<ソ・日>先発の藤井秀悟は6回3安打無失点

 【日本ハム0―0ソフトバンク】ベンチの中田が目を丸くして声を上げた。「えー」。2位ソフトバンクとの首位攻防戦。梨田監督の執念だ。0―0の延長12回、金森を投入し、これでベンチ入りした8投手を使い切った。

 “万が一”に備えた。「危険球とかもあるから、福良ヘッドを通じて“少し体を動かしておけ”と言っておいた」。9番手として、指揮官が準備を指示したのはこの日1軍昇格したばかりの中田だった。大阪桐蔭時代にエースとして甲子園を沸かせた右腕はブルペンでキャッチボール。結果として出番はなかったが、指揮官のなりふり構わぬ総力戦が、勝利に等しい引き分けを呼び込んだ。
 先発・藤井が6回3安打無失点。7回から継投策に出たが、ここからピンチの連続。それでも迷いはなかった。特に8回だ。左の宮西、右の菊地、左の林、右の坂元と刻んだ。「(8回から登板した)摂津の投球を見たら1点取られたら負けと感じた。やけくそみたいなものだが、こっちの方が(抑える)確率が高いと思った」と指揮官。坂元が2死満塁でカウント0―3まで追い込まれたが、最後は多村を一飛に抑えた。
 「近鉄では10投手を突っ込んだこともあるが、0―0で12回は記憶にない。投手陣がよく頑張ったし、摂津と馬原を2回ずつ投げさせたのは大きいね」。連敗脱出とはならなかったが、Vマジックは2つ減って8。ゲームセットになると指揮官はベンチ前でナインをハイタッチで出迎えた。負けなかった意味の大きさがここに表れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース