関西大 通帳詐取容疑で元野球部員さらに1人逮捕

[ 2009年9月26日 20:11 ]

 関西大元野球部員が男子学生から現金を脅し取ろうとした事件に絡み、兵庫県警明石署は26日、郵便局に口座を開いて他人に通帳を渡したとして詐欺の疑いで、関西大元野球部員上野哲朗容疑者(22)=大阪府吹田市=を逮捕した。

 同署によると通帳とカードは同大元野球部員の栗岡裕幸被告(21)=恐喝未遂罪で起訴=に渡され、6月には振り込め詐欺の被害金400万円が振り込まれた。
 逮捕容疑は4月8日、大阪府吹田市の郵便局で譲渡目的で自分名義の口座を開設した疑い。
 栗岡被告はこれまでに「振り込め詐欺に使うため、何回か通帳を集めた」と供述。口座の開設者に現金を渡していたといい、同署が詳しく調べる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース