初回の満塁切り抜けた!佑ちゃん7回7K1失点

[ 2009年9月26日 17:25 ]

早大、慶大が先勝/東京六大学野球

 【早大4―2明大】早大は先発の斎藤佑樹(3年、早実)が7回7奪三振1失点の好投を見せ、明大に4―2で先勝した。
 先発の斎藤佑は初回、2死から連続安打と四球で満塁とされる。だが、この先制のピンチを三振で切り抜けると2回以降はテンポの良い投球で明大打線を寄せ付けず、7回を7奪三振1失点で封じ込めた。
 打線は2回、宇高(3年、今治西)の適時打で先制すると、中盤、終盤と効果的に得点を重ね、大事な初戦を白星で飾った。(早稲田スポーツ)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース