巨人“弟”の優勝は持ち越し

[ 2009年9月26日 17:53 ]

 イースタン・リーグ優勝にあと1勝としていた巨人の2軍は26日、ロッテ戦(鴨川)に0―6で敗れ、1軍との同時優勝を決められなかった。打線が散発6安打と不発で、守備も4失策と乱れた。

 これで巨人とロッテが59勝46敗2分けで首位に並び、27日の直接対決で勝った方が優勝となる。岡崎2軍監督は「ファームではなかなかないが、最終戦まで緊張感を持って臨めるのはいいこと。選手がどういう力を出すか、楽しみ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース