おかわり独走43号!3戦連続初回V弾

[ 2009年9月26日 06:00 ]

<西・楽>初回2死一塁、先制2ランを放ち、片岡易之(左)に抱きつかれて祝福される中村剛也

 【西武7―1楽天】ヨーイドンでドカン。西武・中村がまた初回に打った。2死一塁で、田中の146キロ直球を右へ。試合の流れをグッと引き寄せる43号2ランに「先制パンチっていう感じで良かった」と笑った。

 カウントは2―0。「追い込まれていたし、コンパクトに振った」というが、普段と変わらぬ強い、強烈な打球だった。「でも振り自体は緩めていませんから。意識の問題ですよね」。イメージ通りの打撃に弾道。これで3試合連続での初回アーチと、こと打撃に関しては絶好調だ。
 炎症を起こしている左足付け根の状態は万全とはほど遠い。前日には初めて消炎剤の注射を打った。「でも打つ方は問題ないんで」。まさに頼れる主砲。渡辺監督も「チームに力を与えてくれた」と喜んだ。今月10日に戦列復帰してから14戦7発で、チームも10勝4敗。おかわり君の存在はやっぱり大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2009年9月26日のニュース