東京五輪チケット、一部再抽選へ 観客数上限超えは全体の1割強

[ 2021年6月21日 18:48 ]

東京五輪・パラリンピックに向けた5者協議で会談する(左から)東京都の小池百合子知事、大会組織委員会の橋本聖子会長、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長、丸川珠代五輪担当相(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、日本政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)との5者協議を行い、観客数の上限を会場の収容定員の50%か1万人にすることで合意した。すでに販売済みのチケットの一部は、観客数の上限を超えていることから再抽選する必要となったが、橋本聖子会長は「チケットホルダーの皆さまに、さらにご不便を強いることは大変心苦しいが、ご理解を賜りたい」と語った。

 ただ、観客数の上限に達しているのは全体の1割強で、8割以上が上限に達していない。半数が定員の40%以下で、30%以下の競技もある。これらに関してはチケットの追加販売は行わない。

 公式リセールを取りやめ、払い戻しも受け付けるが、詳細に関しては23日に公表する。またチケットホルダーに対して、ダイレクトメールも送付する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月21日のニュース