ラームが逆転でメジャー初優勝 松山と星野は26位 全米オープン最終日

[ 2021年6月21日 09:22 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン最終日 ( 2021年6月20日    カリフォルニア州 トーリーパインズGC南C=7652ヤード、パー71 )

18番、バーディーパットを沈め雄たけびを上げるラーム(AP)
Photo By AP

 首位と3打差の6位から出たジョン・ラーム(26=スペイン)が5バーディー、1ボギーの67をマークし通算6アンダーに伸ばし、逆転でメジャー初優勝を飾った。

 ラームは17番と18番で難しいパットを決めて連続バーディーを奪い、単独首位に立ち、スペイン人として初めて全米オープンを制した。

 ルイ・ウェストヘーゼン(38=南アフリカ)が5アンダーで2位。ハリス・イングリッシュ(31=米国)が3アンダーで3位に入った。

 連覇を狙ったブライソン・デシャンボー(27=米国)は一時単独首位に立ったが、後半崩れて77を叩き3オーバーの26位に終わった。

 松山英樹(29=LEXUS)は68、星野陸也(25=フリー)は71で回り3オーバーの26位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月21日のニュース