奈紗 スコア伸ばすも48位後退「もっと伸ばしたかった」パット苦闘で渋い表情

[ 2021年6月21日 02:30 ]

米女子ゴルフツアー メイヤー・クラシック第3日 ( 2021年6月19日    ミシガン州 ブライズフィールドCC=6556ヤード、パー72 )

メイヤー・クラシック第3日 1番でバーディーパットを外した畑岡。通算8アンダーで48位
Photo By 共同

 25位から出た畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は3バーディー、2ボギーの71で回り通算8アンダーで首位と12打差の48位に後退した。62とスコアを伸ばしたネリー・コルダ(22=米国)が20アンダーで単独首位に立った。

 18番をバーディーで締めた畑岡は「最後のホールでバーディーを取って終えることができて良かった」と息をついたが、伸ばしあいの中で順位を落とした。合計33パットとグリーン上で苦しんだだけに「チャンスにつけられたけど、パットがうまく決められなかった。もっと伸ばしたかった」と渋い表情だ。24日開幕のメジャー、全米女子プロ選手権に弾みをつけるためにも最終日に巻き返す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月21日のニュース