Wリーグ・河瀬直美会長が所信表明「選手が命を輝かせて…その光で世界を明るい方向に導けるよう」

[ 2021年6月21日 13:41 ]

バスケットボール女子Wリーグの新会長に就任した河瀬直美氏
Photo By スポニチ

 バスケットボール女子Wリーグの新体制発表が21日、港区グランドハイアット東京で開催された。

 4日の理事会で就任した映画監督の河瀬直美会長(52)が所信表明し「コートではたくさんの選ばれし選手が命を輝かせています。その光りで世界を明るい方向に導けるように努めて参りたいと思います」と語った。任期は2年。清野英二専務理事は「最初に“会長をやって下さい”というメッセージを送った時の返事は“えー”だった。“この人、何を言ってんねん”という感じだったと思うんですけど、でも“面白そうだからやってみようかな”とすぐに受けてくれた」と内幕を明かした。

 河瀬会長は1997年に「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭の新人監督賞を受賞。東京五輪では公式映画監督を務める。奈良・一条高時代に国体に出場するなど競技経験者であることや知名度、発信力の高さなどから起用が決まった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月21日のニュース