ウィザーズの選手は3~4日間の自宅待機 ジャズと対戦したチームは厳戒態勢

[ 2020年3月13日 10:52 ]

2人目の感染者となったジャズのミッチェルと2月29日に対戦したウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 NBAジャズの2選手が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、ジャズと最近対戦した6チームが対応に追われる事態となった。

 八村塁(22)が所属するウィザーズは2月28日にジャズと対戦。そのジャズと4日に顔を合わせたニックスとは10日に試合を行っており、直接的も間接的にもつながりがある状況。AP通信によれば、これを受けてウィザーズは選手、コーチ陣、チームスタッフに風邪のような症状がある場合には新型コロナウイルスの検査を受けるように伝え、症状がなくても今後3~4日間は自宅待機などで様子を見るように求めた。

 9日にジャズと対戦したばかりの昨季王者のラプターズはすでに全選手が検査を受け、チームスタッフを含めて今後14日間は自宅待機。6日にジャズと試合を行ったセルティクスにはまだ体調不良を訴えている選手やチームスタッフはいないものの、すでにマサチューセッツ州の保健当局と連携していることを公表し、今後全員が新型コロナウイルスの検査を受けることを明らかにしている。

 なおすでにレギュラーシーズンの試合を中断しているNBAの各オーナーはアダム・シルバー・コミッショナーに対して、30日後に今後の方針を決めるように提言。本来ならばNBAのレギュラーシーズン(各チーム82試合)は4月15日が最終日で、16チームによるプレーオフは18日にスタートする予定になっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月13日のニュース