高安、左大腿二頭筋などの損傷で休場 約4週間程度の安静加療が必要

[ 2020年3月13日 05:30 ]

大相撲春場所5日目 ( 2020年3月12日    エディオンアリーナ大阪 )

高安
Photo By スポニチ

 平幕の高安が「左大腿二頭筋などの損傷で約4週間程度の安静加療が必要な見込み」との診断書を提出し、休場した。4日目に横綱・鶴竜に敗れた際に負傷した。休場は昨年九州場所以来で8度目。

 平幕の剣翔も「左膝の前十字じん帯断裂、半月板損傷などで約3週間程度の安静加療が必要な見込み」との診断で休場した。先場所痛めた箇所が悪化した。休場は14年初場所の初土俵以来初めて。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月13日のニュース