ジャズに2人目の感染者 今度はW杯米国代表のミッチェル 1人目のゴベアは謝罪

[ 2020年3月13日 09:37 ]

新型コロナウイルス感染が明らかになったジャズのゴベア(右)とミッチェル(AP)
Photo By AP

 NBAジャズは12日、センターのルディー・ゴベア(27)に続き、新型コロナウイルスに2人目の感染者が出たことを公表。特定の個人名は明らかにしていないが、AP通信やスポーツ専門局のESPNによれば、昨夏のW杯中国大会に米国代表のガードとして出場し、今季チーム1位の24・2得点を挙げていたドノバン・ミッチェル(23)が感染したと報じている。

 ミッチェルはインスタグラムで感染したことについて直接的に言及はしていないが「事の重大性をみんなが認識するようになった。多くの人が責任をもった行動が必要であることをわかってほしい」とコメント。ジャズ側は「CDC(米疾病予防管理センター)やユタ州の当局と連携して最良の措置を取っていく」と語っている。

 また前日にNBA選手としては初めて感染が判明したゴベアは「軽率な行為だった」と謝罪。9日の会見でテーブルに置いてあったマイクをおどけながら触った行為について語ったもので、「感染していたとは知らずにあんなことをやってしまった。自分の誤った行動が今後の警告になってくれればいいと思う」と述べていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月13日のニュース