八村「ありえない…」NBA全試合無期限中断 ジャズのゴベールがコロナに感染

[ 2020年3月13日 05:30 ]

ウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 NBAは12日からレギュラーシーズンを中断すると発表した。11日にオクラホマ州オクラホマシティーで予定されていたサンダー―ジャズの試合前に、ジャズの選手が新型コロナウイルスに陽性反応を示したことが判明。この試合を含む2試合が延期となり、NBAは同日開催された4試合を最後にリーグ中断を決めた。再開時期は未定で、八村塁(22=ウィザーズ)のルーキーイヤーがこのまま終了となる可能性もある。

 米スポーツ専門局ESPNによると、陽性反応を示したジャズの選手はフランス出身の27歳のセンター、ルディ・ゴベール。感染経路は不明で、サンダー戦の登録メンバーから外れたものの11日昼まではチームメートと一緒で体調不良には見えなかったという。試合は国歌斉唱も終わりティップオフを待つだけだったが、「想定外の事態が起きた」とのアナウンスで急きょ延期が発表。会場からはブーイングが起こり、場内は即座に消毒作業が開始された。

 サンダー―ジャズの1時間半後にカリフォルニア州サクラメントで予定されていたキングズ―ペリカンズも、審判の1人が9日のジャズ―ラプターズに携わっていたため延期。NBAはすぐにリーグ中断を発表し、馬場雄大がプレーする下部Gリーグの中断も決まった。ESPNによるとゴベールはオクラホマシティー市内で隔離されているほか、過去10日以内にジャズと対戦したラプターズ、ピストンズ、セルティックス、ニックス、キャバリアーズの選手も自主的に検査を受けるよう命じられた。八村が所属するウィザーズは2月28日に敵地ソルトレークシティーでジャズと対戦。八村はゴベールとマッチアップする場面もあった。検査対象期間の対戦ではなかったが、13日に敵地ボストンでのセルティックス戦を控えていた八村は自身のツイッターで「ありえない…」とつぶやいた。

 今季のNBAはレギュラーシーズンが4月15日まで行われ、同18日からプレーオフが始まる予定だった。リーグ関係者によると中断は最低でも2週間とみられ、NBAはその期間に対応を検討するというが、このままシーズン打ち切りとなる可能性も。日本人初のドラフト1巡目指名でウィザーズに入団した八村は41試合出場で1試合平均13・4得点と堂々たる活躍を見せているが、想定外のシーズン終了を迎えてしまうかもしれない。

 ≪渡辺は「まじか…」≫NBAのシーズン中断決定を受け、選手たちはツイッターなどで困惑の反応を示した。レーカーズのレブロン・ジェームズは「スポーツ大会、学校、オフィスでの仕事が次々キャンセルに。(2020年は)何て厳しい3カ月間なんだ」とつぶやき、グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太は「まじか…でも健康第一ですしね」と理解も示した。現役最年長の43歳で今季限りでの引退を表明しているホークスのビンス・カーターは、11日のニックス戦が現役最後となる可能性がある。延長残り13.4秒で3点シュートを決めており「もし今日で終わりとなったら、ずっと忘れられないものになる」と述べた。

 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年3月13日のニュース