W杯ジャンプは残り全試合中止 陵侑総合3位、沙羅総合4位でシーズン終了

[ 2020年3月13日 05:30 ]

 国際スキー連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ノルディックのW杯ジャンプの残り全試合を男女とも中止すると発表した。代替はない。20~22日にプラニツァ(スロベニア)で予定されていた男子のフライング世界選手権は来季に延期する。

 11日にノルウェー・トロンヘイムで行われた個人第28戦予選で、小林陵侑(土屋ホーム)が1位になったばかりだった。小林陵は3勝で個人総合3位、女子の高梨沙羅(クラレ)は1勝、総合4位でシーズンを終えることになった。また、全日本スキー連盟は同日の臨時理事会で、小林陵や高梨ら、海外転戦中の選手を日本に緊急帰国させる方針を決めた。

 ◆小林陵侑 悔しいけど、しょうがない。苦しんだにしろ、総合3位にも入れた。安定していたシーズンだったと思う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月13日のニュース