紀平梨花 新型コロナ影響で世界選手権中止に「残念です」も「正しい選択だと」

[ 2020年3月13日 13:57 ]

紀平梨花
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子の紀平梨花(17=関大KFSC)が13日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、18日に開幕する予定だったフィギュアスケート世界選手権(カナダ・モントリオール)の中止の発表を受け心境を書き込んだ。

 添付した文書で「世界選手権は中止となってしまい残念ですが、コロナウイルスの被害を拡大させないためには正しい選択だと思いました。世界選手権に向けて頑張ってきた私達選手のために、開催できないかを最後まで尽力いただきました皆様に感謝申し上げます」と掲載。「そして、今シーズンも大きな声援が力になり、どの試合も全力で演技することができました。ファンの皆様、ありがとうございました」とつづり、「私は昨日、来季に向けての練習をスタート致しました。これからもさらに努力して進化していけるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します」と呼びかけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月13日のニュース