一山麻緒 逆転五輪切符獲得!名古屋ウィメンズマラソンで松田瑞生の記録突破しV

[ 2020年3月8日 11:29 ]

名古屋ウィメンズマラソン ( 2020年3月8日    名古屋市・ナゴヤドーム発着 42・195キロ )

<名古屋ウィメンズマラソン>2時間20分29秒で優勝し、五輪内定を決めた一山麻緒(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン女子代表の残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジの最終戦、名古屋ウィメンズマラソンが8日、名古屋市のナゴヤドーム発着の42・195キロで行われた。今年のレースは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一般ランナーは参加せず、「エリートランナー」枠の選手のみで実施。一山麻緒(22=ワコール)が日本歴代4位の2時間20分29秒で優勝、五輪代表条件「日本人トップで2時間21分47秒突破」を達成し、“残り1枚の五輪切符”を獲得した。

 一山は序盤から先頭集団の中心を走り、中間点を安藤友香(25=ワコール)、一山麻緒(22=ワコール)、佐藤早也伽(25=積水化学)らとともに1時間10分26秒で通過。30キロ過ぎにスパートをかけて集団を抜け出した。

 レース後、一山は「もう、きょうみたいな日が来るのが夢だったので、夢みたいです」と喜びを爆発させた。

 2月3日の丸亀ハーフマラソンは、1時間8分56秒で5位で、「後半が力不足。そこを鍛えないとマラソンで戦えない」と反省していたものの、ナイキの「厚底シューズ」の試走も行い「最後の1枠は狙っています」と力強くコメント。今回は、1日の東京マラソンで日本新記録を出した大迫傑(28=ナイキ)も着用した最新厚底シューズで臨んだ。自己ベストは2時間24分33秒と今回の招待選手の中では6番目だったが、持ち味の跳びはねるような走りは最新厚底シューズにマッチ。自己記録を大幅に更新した。

 MGCファイナルチャレンジ第2戦となった大阪国際女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分47秒で優勝しており、今大会で五輪代表切符を勝ち取るには、日本人トップで松田の記録を上回わらなければならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月8日のニュース