松山 後半挽回5差17位と後退も「よく頑張ったと思う」

[ 2020年3月8日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー アーノルド・パーマー招待 ( 2020年3月6日    フロリダ州ベイヒル・クラブ=7454ヤード、パー72 )

第2ラウンド、3番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹。通算2アンダーで17位
Photo By 共同

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は6日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第2ラウンドが行われ、11位で出た松山英樹(28=LEXUS)は3バーディー、4ボギーの73とスコアを落とし、通算2アンダー、142で首位と5打差の17位に後退した。それでも全体の平均スコアは約74と、第1日より1・5打ほど増える難しいコンディションの中、後半は2バーディー、1ボギーと粘った松山は「よく頑張ったと思う」と納得顔だった。

 ティレル・ハットン(英国)と康晟訓(カン・スンフン)(韓国)が通算7アンダーでトップに並んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月8日のニュース