空手 代表決まらない…PLラバト大会中止

[ 2020年3月8日 05:30 ]

 世界空手連盟(WKF)は6日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、モロッコで13~15日に予定していたプレミアリーグ(PL)ラバト大会を中止すると発表した。WKF五輪ランキングのポイント対象としては世界規模で行われる最後の大会で、東京五輪の日本代表が出そろう予定だった。日本勢は代表がまだ確定していない組手の男子67キロ級代表を争う佐合尚人(高栄警備保障)と篠原浩人(マルホウ)、女子61キロ級代表を争う染谷真有美(茨城県職)と森口彩美(AGP)が現地入りして調整していた。日本連盟は中止の際の代表決定方法を決めていない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月8日のニュース