男子五輪代表 びわ湖毎日マラソンで出そろうも…高い「2時間5分29秒」の壁

[ 2020年3月8日 05:30 ]

6日に会見した川内優輝、荻野皓平、大塚祥平、野口拓也、鈴木健吾(左から)
Photo By スポニチ

 男子は8日のびわ湖毎日マラソンで五輪代表が出そろう。MGC4位の大塚や川内ら出場有力選手は7日、各自で最終調整を行った。

 1日の東京マラソンで大迫傑(28=ナイキ)が出した2時間5分29秒の日本記録を更新する選手がいない場合は、大迫が3人目の代表に内定。6日の会見では日本人招待選手が“白旗”を宣言する一幕もあった。なお、大迫本人も練習パートナーの応援のため現地観戦するとみられている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月8日のニュース