八角理事長、協会あいさつで無観客開催を謝罪「大相撲の力で世の中に平安を」

[ 2020年3月8日 16:21 ]

大相撲春場所初日、無観客の中で協会あいさつする八角理事長(手前中央)ら角界関係者(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大により無観客での開催となった大相撲春場所は8日に大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で初日を迎えた。初日恒例の協会あいさつは通常、十両の取組の残り3番に組まれるが、今場所は徳勝龍の賜杯、優勝旗の返還式の後、幕内力士と審判部の親方が土俵下に勢ぞろいする中で行われた。

 八角理事長(元横綱・北勝海のあいさつは以下の通り。

 初日にあたり、謹んでごあいさつを申し上げます。公益財団法人日本相撲協会は社会全体でコロナウイルス感染症の拡大を防いでいる状況を勘案し、また、何より大相撲を応援してくださる多くのファンの皆様にご迷惑をかけることは決してできないと考え、大相撲3月場所を無観客で開催させていただくこととなりました。

 本場所を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけすることとなりましたが、なにとぞご理解をたまわりますよう、お願いを申し上げます。また、コロナウイルスに感染された皆様には一時も早いご回復をお祈り申し上げます。

 このようなお客様のいない本場所となり、力士にとっても気持ちを整えるのが難しい非常に厳しい土俵となりますが、それでも全力士は全国各地で応援してくださっている郷土の皆様やファンの方々の歓声や声援を心に感じ、精いっぱいの土俵を努め、テレビでご観戦の皆様のご期待にお応えするものと存じます。

 古来から、力士の四股は邪悪なものを土の下に押し込む力があると言われてきました。また横綱の土俵入りは五穀豊穣(ほうじょう)と世の中の平安を祈願するために行われてきました。力士の体は健康な体の象徴とも言われています。床山が髪を結い、呼び出しが木を打ち、行司が土俵を裁き、そして力士が四股を踏む。この一連の所作が人々に感動を与えると同時に、大地を鎮め、邪悪なものを押さえ込むものだと信じられてきました。

 こういった大相撲の持つ力が、日本はもちろん、世界中の方々に勇気や感動を与え、世の中に平安を呼び戻すことができるよう、協会員一同、一丸となり、15日間全力で努力する所存でございます。なにとぞ千秋楽まで温かいご声援をたまわりますよう、お願い申し上げごあいさつといたします。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月8日のニュース