東京マラソン 大迫傑、22キロ付近で先頭集団から遅れ始める

[ 2020年3月1日 10:26 ]

東京マラソン ( 2020年3月1日    東京都庁~東京駅前 42・195キロ )

<東京マラソン>力走する設楽(奥左)と大迫(奥右)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン男子代表の残り1枠を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前の42・195キロで行われた。今年のレースは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一般ランナーは参加せず、「エリートランナー」枠の選手のみで実施された。

 現日本記録保持者の大迫傑(28=ナイキ)は、1キロ2分55~56秒でターゲットのゴールタイムが2時間3分4秒~46秒の第1集団でレースを進めた。13キロ付近で一時、集団から離れたが、15キロ付近で追いついた。22キロ付近では再び先頭集団から遅れ始めた。井上大仁(27=MHPS)も24キロ付近で先頭集団から離れ始め、この集団から日本人はいなくなった。

 前日本記録保持者の設楽悠太(28=ホンダ)らは第2集団でレースを進めた。

 大迫は昨年9月に行われた「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で3位に入っており、今回の東京マラソンか3月8日のびわ湖毎日で2時間5分50秒の日本記録を更新する選手が現れなければ代表に内定するだけに、あえて出場しないという選択肢もあった。出場した理由について、1月のインターネットの生配信で「走りきったマラソンはずっと3番。新しい自分を見つけないといけない中で、3月の東京が良いチャンスだと思った」と説明していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月1日のニュース