瀬古利彦氏、日本新の大迫を称える「負けず嫌いで…開拓者だ」

[ 2020年3月1日 12:32 ]

東京マラソン ( 2020年3月1日    東京都庁~東京駅前 42・195キロ )

瀬古リーダー
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン男子代表の残り1枠を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前の42・195キロで行われた。今年のレースは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一般ランナーは参加せず、「エリートランナー」枠の選手のみで実施され、大迫傑(28=ナイキ)が自身の日本記録を更新する2時間5分29秒をマークし、日本選手トップの4位でゴール。五輪代表に大きく前進した。日本記録更新で1億円もゲットした。優勝は2時間4分15秒のB・レゲセ(25=エチオピア)だった。

 テレビ解説を務めた、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、大迫の走りを「負けず嫌いで、人と同じことは絶対にしたくないっていう開拓者だ。後半粘ったのがすごい」と評価した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月1日のニュース