東京マラソン 設楽悠太16位、後半追い上げならず

[ 2020年3月1日 11:22 ]

東京マラソン ( 2020年3月1日    東京都庁~東京駅前 42・195キロ )

設楽悠太
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン男子代表の残り1枠を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前の42・195キロで行われた。今年のレースは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一般ランナーは参加せず、「エリートランナー」枠の選手のみで実施された。

 前日本記録保持者の設楽悠太(28=ホンダ)は2時間7分45秒で16位だった。1キロ2分58秒でターゲットのゴールタイムが2時間5分10秒の第2集団でレースを進めた。後半追い上げるかと思われたが、スピードアップできなかった。

 東京マラソンは、2年前に2時間6分11秒の当時の日本記録を出している相性のいいコース。昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では、大逃げに失敗しているが、この日は慎重にレースを進めたものの結果は残せなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月1日のニュース