サンウルブズ 逆転負けで3連敗…前半4分に先制トライも守備崩壊

[ 2020年3月1日 05:30 ]

スーパーラグビー第5節   サンウルブズ15―62ハリケーンズ ( 2020年2月29日    ネーピア )

 サンウルブズはハリケーンズ(ニュージーランド)に敵地で15―62と大敗した。前半4分に先制トライを挙げながら10トライを奪われて逆転負け。開幕白星後は3連敗で、オーストラリア・カンファレンス最下位に転落した。次節ブランビーズ(オーストラリア)戦は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため花園から会場が変更され、6日にオーストラリアのウーロンゴンで行われる。

 序盤こそ期待を抱かせた。サンウルブズは前半4分、ラインアウトから抜け出したロックのストーバークが先制トライ。7―7の同16分には今季途中加入したSO小倉のPGで3点をリードした。だが、その後は前節レッズ戦と同じく守備が崩壊。攻撃もミスが多くターンオーバーからトライにつなげられた。共同主将のNo・8シャッツは「今日はファーストタックルが良くなかった」と分析した。

 チームは本来、この試合後に帰国してホーム2連戦の予定だったが、新型コロナウイルスの影響による会場変更で遠征は約1カ月延長。厳しい海外6連戦となりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月1日のニュース