大迫が日本新!増田明美さん「阿修羅の顔」「死んだふりを…」 “細かすぎる解説”健在

[ 2020年3月1日 12:01 ]

増田明美さん
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン男子代表の残り1枠を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前の42・195キロで行われ、大迫傑(28=ナイキ)が自身の日本記録を更新する2時間5分29秒をマークし、日本選手トップの4位でゴール。五輪代表に大きく前進した。

 大迫が圧巻の走りを見せた中、ツイッターなどネット上ではレースを解説した元五輪女子マラソン代表でスポーツライターの増田明美さん(52)の解説ぶりが、この日も話題を呼んだ。

 “細かすぎる”としてファンも多い増田さんの解説。大迫については、22キロ付近で先頭集団から遅れ始めたものの33キロ付近で日本人の先頭を走っていた井上大仁(27=MHPS)を追い抜くと、「死んだふりをしてたのかと思うくらい」「場数を踏んだ開拓者の強さですね」と語ったほか、感情を爆発させてゴールテープを切った、その表情を「阿修羅の顔をしてますね」と表現。

 レース後に笑顔を見せた際には「ピアスはきょうは光ってますね」。さらに、長野五輪を観戦した大迫がスキーのジャンプで「世界一になりたい」と語っていたエピソードなども紹介していた。

 小ネタも満載の解説。SNS上では「きょうも名言出ました」「絶妙」「増田さんらしいコメントがたくさん」などのコメントがあふれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月1日のニュース