田中 試合後に号泣…応援に感謝「ラグビー文化が根付く第一歩になった」

[ 2019年10月21日 06:00 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本・南アフリカ>ジョセフHC(左)と抱き合い、田中は涙(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 後半31分から出場したSHの田中は、試合後に号泣した。多くのファンがプレーに熱狂し、拍手を送ってくれるスタンドに目を向けると視界がにじんだ。「思い描いていた絵が、目の前に広がっていた。ラグビー文化が根付く第一歩になったと思う」。

 34歳で「もしかしたらこれが最後かもしれない」とラスト代表の可能性が高い。「15年大会を見て頑張ってきた選手が活躍した。今回のW杯を見て若い選手が“自分たちもやらないといけない”と思えば、また新しい道が開ける」と後輩に期待を寄せていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース