中村「世界と差」実感も…全5試合で先発「ステップアップのW杯にできた」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本・南アフリカ>前半、パントを蹴る中村(右)(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 CTB中村は、強じんな肉体を誇る南アフリカ相手にもひるまずにぶつかり続けた。ただ、過去に優勝2回の強豪との差は大きく「圧力が非常にあったし、世界との差を感じた」と振り返った。

 今大会は全5試合で先発。「チームとしてまだ伸びていきそうな予感があったので、それができなくて残念」とする一方で、「ステップアップするためのW杯にできて良かった」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース