堀江 2メートル超3人の高さに苦戦「プラン通りにやったが…」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本・南アフリカ>突進する堀江(中央)=撮影・吉田 剛
Photo By スポニチ

 フッカー堀江は2メートル超3人を擁する南アフリカの高さに苦しめられた。序盤は通常より人数が少ないショートラインアウトを駆使して的を絞らせなかったが、敵陣深い位置のチャンスでは、ことごとくスチールを食らった。「全部高かった。プラン通りやったが、そこに相手がいた」。試合後は淡々と振り返った。

 3度目のW杯。巧みなテクニックと力強さで、攻守で8強を支えた。リーダーシップを含めれば、その貢献度は計り知れない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース