控え組にも逸材が目白押し…4年後のジャパン背負う

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

将来のジャパンを背負うと期待されるモエアキオラ
Photo By スポニチ

 日本には隠れた逸材がまだまだいる。筆頭候補は今大会、出場機会に恵まれなかった面々。木津、モエアキオラの実力は高く、ジャパンの屋台骨を支える存在になってもおかしくない。

 試合に出られなかったとはいえ、日々、先発メンバーと練習で肌を合わせ、世界を体感。最後に敗れた悔しさを間近で見てきたことも大きい。代表選考で落選したプロップ三浦、CTB梶村らも楽しみな存在。No・8福井、SH斎藤は将来の日本を背負う逸材だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース