松島 トライ奪えず終戦…今後は欧州移籍も視野「いいオファーがあれば」

[ 2019年10月21日 06:00 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本・南アフリカ>ノートライで敗戦…前半、タックルを受けながらも突進しようとする松島(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 試合終了と同時に、松島はポールに寄りかかって座り込んだ。日本が世界に誇る快足WTBをもってしても、一矢報いるトライは挙げられなかった。「南アフリカの守備が凄いプレッシャーをかけてきて、あと一つというところでなかなかボールが出なかった」。守備では何度も巨漢をタックルでつぶし、ハイボールをもぎ取った。だが、インゴールに飛び込むことはできなかった。

 2度のW杯で日本代表最多となる計6トライをマーク。ロシア戦のハットトリック(3トライ)など存在感を示した26歳は、大会後の欧州移籍も視野に入れる。今後については「いいオファーがあれば行きたい。世界に出て経験したい」と熱望。松島の新たな挑戦が始まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース