痛恨!一発退場で流れ手放した…次回開催国の仏 ウェールズに逆転負け 4強ならず

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準々決勝   フランス19―20ウェールズ ( 2019年10月20日    昭和電ド )

<ウェールズ・フランス>前半、バカタワのトライで喜ぶフランス代表(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 フランスは痛恨の1プレーで流れを手放した。19―10の後半9分にロックのバハマヒナが危険なプレーで一発退場。FW陣が耐えていたが、最後に逆転を許した。

 23年は自国でW杯が開催されるため若手主体だったが、ブルネル監督は「次のW杯には出ない」と退任を明言。ガルティエ・コーチが昇格することが発表された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース