男泣き!田村通算51点で終戦 この日PGで唯一の得点 「次へのバトン渡しは完了」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本・南アフリカ>前半、PGを決める田村(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 前半20分のPGでチーム唯一の得点を決めた田村は、試合後に男泣きした。相手の執拗(しつよう)なタックルのえじきとなり、キックでリズムをもたらせないまま、後半7分には松田と途中交代。

 通算51得点で大会を去る司令塔は「負けたより終わった悲しさがあった」と涙の理由を口にし「予選(1次リーグ)突破してからの課題は次の世代に託します。次へのバトン渡しは完了した」と代表引退も示唆した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース