渋野日向子 ウッズのプレーを堪能 コースで会ったアマVの古江を祝福

[ 2019年10月21日 15:12 ]

<ZOZOチャンピオンシップ練習日>スキンズマッチを観戦し松山、ウッズのプレーを見つめる(左から)渋野日向子、笠りつ子、有村智恵(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ZOZOチャンピオンシップ(24日開幕、アコーディア習志野CC)に出場するタイガー・ウッズ、ロリー・マキロイ、ジェイソン・デイ、松山英樹が21日、同コースでスキンズゲームに出場した。

 スマホなどでの撮影が認められたイベントということもあり、スタートの1番から大勢のギャラリーがウッズらのプレーをカメラに収めた。ギャラリーの中には渋野日向子や有村智恵、上田桃子ら女子プロの他に、前週の富士通レディースで史上7人目のアマチュアVを果たした古江彩佳の姿も。多くの女子プロが普段、なかなか見る機会のない米男子ツアーのスター選手のパワーや技を堪能していた。また、古江はコース内で顔を合わせた渋野から「おめでとうございます」と祝福を受けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース