ジョセフHC「誇らしくW杯を戦えた」 ラグビーW杯日本代表、激戦から一夜明け会見

[ 2019年10月21日 11:39 ]

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフHC
Photo By スポニチ

 ラグビーワールドカップ(W杯)で過去最高の8強入りを果たした日本代表が、死力を尽くした南アフリカとの準々決勝から一夜明けた21日、都内で会見を開いた。

 16年秋に就任したジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)は、「ONE TEAM」を掲げてきたチームについて「この3年間、チームは本当にハードワークを続けてきました」と振り返り「色んな人たちのサポ―トがあって、ここまで選手たちは強くなったと思います。ここにいる選手たちだけでなく、他の選手たちもいろいろな貢献をしてくれたので、この大きな成果を得られたと思います」と語った。

 そして「我々はW杯を誇らしく代表として戦えたと思います。ファンの皆様、国民の皆様もサポートありがとうございました。皆様の応援なくしては、達成することは出来なかったでしょう」と感謝の言葉を並べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース