喪章を腕に先発…山中「悔いはない。やり切った」 恩人・平尾誠二さんに「感謝」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ラグビーW杯準々決勝   日本3―26南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本・南アフリカ>タックルで倒される山中(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 先発したFB山中は左腕に巻いた喪章の重みを感じていた。台風19号の犠牲者への哀悼と、神戸製鋼の恩人である平尾さんの命日。ハイボールを危なげなく全てキャッチし、思い切りのいい攻撃参加で存在感を見せた。

 「平尾さんへの感謝の思いが強かった。悔いはない。やり切った」。過去2大会は代表落選。3度目でつかんだ初舞台で、足跡を残した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月21日のニュース