引退の稀勢の里 成田山新勝寺の豆まき欠席 昨年まで14年連続参加 海老蔵「お疲れ様でございました」

[ 2019年1月16日 11:53 ]

成田山節分会で豆まきをする稀勢の里
Photo By スポニチ

 横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)が現役引退を決断した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が16日、明らかにした。

 千葉県成田市の成田山新勝寺はこの日、稀勢の里が参加予定だった2月3日の節分会の豆まきを欠席すると明らかにした。稀勢の里は、同所での豆まきに2005年から18年まで14年連続で参加していた。

 節分会には、横綱・白鵬(33=宮城野部屋)や歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)が参加する予定。海老蔵は自身のブログで「毎年成田山新勝寺様での節分でお目にかかる事が出来た事 幸せでした」と思い出にも触れ、最後は「お疲れ様でございました」と稀勢の里をねぎらった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月16日のニュース