渡辺雄太がGリーグの試合に出場して24得点 試合は7点差で敗れる

[ 2019年1月16日 15:21 ]

Gリーグの試合で24得点を挙げた渡辺(AP)
Photo By AP

 NBAグリズリーズと「2―WAY契約」を締結している渡辺雄太(24)は15日、ミシシッピ州サウスヘブンで行われたGリーグ・ハッスルの試合に出場。先発して36分出場し、フィールドゴール(FG)を13本中9本(3点シュートは4本中3本)、フリースロー(FT)を3本すべて成功させチーム最多の24得点をマークした。

 しかしハッスルは106―113(前半44―50)で敗れて16勝11敗。このカードは今季1勝2敗となった。

 渡辺は前夜にグリズリーズの一員としてロケッツ戦に出場。出場時間は4分で2得点を記録していたが2日連続の試合となった。

 Gリーグでの出場はこれが18試合目。通算成績は34・1分の出場で13・3得点、8・1リバウンドで、シュートの成功率はFGが43・0%、3点シュートが32・8%、FTが85・0%となった。

 自己最多得点は11月21日のフォートウェイン・マッドアンツ戦で記録した32得点で、この日の24得点は自身3番目のハイスコア。2ケタ得点は10回目、20得点以上は5回目となった。

 レイカーズは11勝15敗。連敗を3でくい止めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月16日のニュース