稀勢、地元・茨城県牛久市から待望の応援ツアー 95人が両国国技館に

[ 2019年1月16日 05:30 ]

大相撲初場所

花道を引き揚げる稀勢の里(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 茨城県牛久市の稀勢の里郷土後援会は16日の4日目、バス2台の応援ツアーで95人が両国国技館に駆けつける。

 昨年12月22日の冬巡業の土浦・牛久場所は、稀勢の里が調整を優先させるために不参加だったため、後援会関係者も久しぶりに地元の横綱の生の姿を見られる機会と期待していた。同後援会の応援団長を務める石渡昇氏は「勝ってくれれば雰囲気も良くなる」と話していたが、期待通りの結果にはならなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月16日のニュース