引退信じたくなかった…稀勢付け人・淡路海が恩返し白星「きょうは勝ちたかった」

[ 2019年1月16日 20:11 ]

大相撲初場所4日目 ( 2019年1月16日    両国国技館 )

2017年1月、淡路海(右)を相手に立ち合いの稽古を行う稀勢の里
Photo By スポニチ

 稀勢の里が横綱昇進後、ずっとの付け人を務めてきた東三段目44枚目の淡路海(25=田子ノ浦部屋)が聖牙を寄り倒して2勝目を挙げた。

 「きょうは勝ちたかった。(引退は)信じたくなかった。稽古熱心でした。研究心もすごい。土俵と普段では、全然違う。普段はきさくで、いろいろ教えてくれました」

 尊敬する横綱が引退を決めた日に勝っことが、できる限りの恩返しになった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月16日のニュース