日本、男子5000リレー決勝へ ショートトラック世界選手権

[ 2018年3月19日 05:30 ]

 ショートトラック世界選手権は17日、カナダ・モントリオールで第2日が行われ、男子5000メートルリレー準決勝で日本(坂爪亮介、吉永一貴、渡辺啓太、横山大希)は1組2着となり、決勝に進んだ。同500メートルは坂爪(タカショー)、吉永(愛知・名古屋経大市邨高)がともに準々決勝は突破したが、準決勝で決勝進出を逃した。同1500メートル準決勝は坂爪が決勝に進めなかった。

 女子1500メートル準決勝は菊池純礼(トヨタ自動車)が突破できなかった。同500メートル準々決勝は菊池純、斎藤仁美(オーエンス)がともに準決勝に進出できなかった。同3000メートルリレー準決勝で日本(酒井裕唯、菊池悠希、斎藤、菊池純)は決勝進出を逃した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース