吉田知&清水“てっちな”意地の3位「ブームで終わらせない」

[ 2018年3月19日 05:30 ]

カーリング全農日本混合ダブルス選手権最終日 ( 2018年3月18日    青森・みちぎんドリームスタジアム )

カーリング全農日本混合ダブルス選手権最終日 準決勝のハーフタイムにいちごをもぐもぐする吉田知
Photo By スポニチ

 吉田知と清水の“てっちな”は準決勝で藤沢・山口に完敗した。吉田知が藤沢と別チームで対戦するのは、藤沢が中部電力に所属していた15年2月の日本選手権以来、約3年ぶり。吉田知は「楽しそうにカーリングをしているさっちゃん(藤沢)は強いと思った。“ノリノリだね、無双だね”と、てっちゃん(清水)とも話していた」と脱帽した。

 3位決定戦では北村夫妻のチーム北村を撃破し、表彰台に上った。平昌五輪で火が付いたカーリング人気。吉田知が「競技者として強くなることで、ブームをブームとして終わらせないようにしたい」と言えば、清水は「もっともっと競技人口が増えていくといいな」と期待を込めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース