日本 混合リレー惜しい4位、新田佳がけん引「力以上の滑り」

[ 2018年3月19日 05:30 ]

平昌パラリンピック ノルディック距離 ( 2018年3月18日 )

平昌パラリンピックノルディック距離混合10キロリレーを終えた(左から)新田、出来島、阿部、川除の日本チーム
Photo By 共同

 戦前の予想は「6、7番手」(荒井監督)だったノルディックスキー距離混合10キロリレーの日本は、惜しくもメダルに届かなかったが4位と大健闘した。

 前日に男子10キロクラシカル立位で金に輝いた新田佳は1走で引っ張り「他の選手も自分の力以上の滑りを発揮してくれた」と日本距離勢の地力を示す結果に満足げだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年3月19日のニュース