堀島 モーグル制し2冠、引退の遠藤2位 女子は冨高初制覇

[ 2018年3月19日 05:30 ]

全日本モーグル最終日男子モーグル決勝 優勝した堀島のエア
Photo By 共同

 フリースタイルスキーの全日本選手権モーグル最終日は18日、札幌市ばんけいスキー場でモーグルが行われ、男子は平昌五輪代表の堀島行真(中京大)が88・78点で優勝、デュアルモーグルとの2冠を達成した。ともに今季限りで引退する遠藤尚(忍建設)が83・49点で2位、西伸幸(マンマーノフーズ)が75・43点で3位に入った。平昌五輪銅メダルの原大智(日大)は右脚痛で棄権した。

 女子は17歳の冨高日向子(白馬ク)が71・50点で初優勝した。伊藤みき(北野建設)が68・91点で2位、梶原千裕(東海大)が64・00点で3位に入った。平昌五輪代表の村田愛里咲(行学学園教)は予選落ちした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース