錦織33位、アジア首位陥落 韓国の鄭現に抜かれる

[ 2018年3月19日 14:07 ]

男子テニスの錦織圭
Photo By スポニチ

 男子テニスの19日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は25位から33位に後退した。23位に浮上した鄭現(韓国)に抜かれてアジア勢のトップから陥落した。杉田祐一(三菱電機)は43位、ダニエル太郎(エイブル)は111位だった。

 1位ロジャー・フェデラー(スイス)、2位ラファエル・ナダル(スペイン)、3位マリン・チリッチ(クロアチア)に変動はなかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース