ウッズ5差逆転だ 過去8勝でコース相性最高「チャンスある」

[ 2018年3月19日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー アーノルド・パーマー招待第3日 ( 2018年3月17日    米フロリダ州オーランド ベイヒル・クラブ=7419ヤード、パー72 )

パーマー招待第3日 通算7アンダーで10位のウッズ
Photo By 共同

 ウッズは18番で3・5メートルのバーディーパットを沈めてガッツポーズを見せた。2番でボギーを叩いたが、3番で10メートルをねじ込み、4番と6番でも伸ばした。16番パー5はバンカーから残り206ヤードを4メートルにつけてバーディー。

 首位とは5打差あるが、過去8勝とコースとの相性は抜群。「優勝のチャンスはある。明日はかなりロースコアが必要になる」と自信をにじませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年3月19日のニュース